名古屋を中心に高品質な住空間を提供しているというのが、東新住建です。評判や評価も高いようで、住んでいる方の満足度が高いことでも知られているといいます。その東新住建を支えている取り組みの中でも、オーナーの満足度に繋がっているのが、永住品質への取り組みなのだそうです。東新住建は住む人のことを考えているのはもちろんのこと、その人々の生活を最後まで守れるような住環境を提供しているといいます。長く住んでも品質が下がらないようにすることはもちろん、もともとの品質を高めていけるように日々努力しているのも東新住建の特徴となっているそうです。それらの品質へのこだわりが強ければ強いほど、満足度にも繋がっているといいます。だからこそ、東新住建は常にハイクオリティな住宅を提供できるように工夫しているのだそうです。その結果、永住品質という、ほかの業者にも負けない取り組みを実現することに成功できたといいます。

住宅というのは分譲住宅や注文住宅など、それぞれのオーナーの方ごとに要望も希望も違ってきます。長く住むことになれば、小さな点でも気になることがあるかもしれません。それらの要望や希望にも細かく応えられるよう、東新住建ではよりオーナーの選択肢を増やせるように工夫しているのだそうです。建てて終わり、売って終わりということではなく、責任を持ってオーナーの方が永住できるような空間を提供することに取り組んでいるという会社、それが東新住建です。もちろん、人によって住宅に求めるものは違います。小さな点でいえば窓は大きいほうが良い、部屋数は多い方が良い、コンセントは沢山欲しい、ベランダやバルコニーが欲しいなど、要望も希望も違います。東新住建の場合は、そういう細かな点にもしっかりと向き合い、まったくの不安や心配がない状態で住宅を提供しているのだそうです。

会社や企業としての目線でつくるのではなく、実際に住む人がどのようなことを考えているのかを、同じ立場で考えているというのが東新住建です。そしてそれに対応していくことが、本当の意味での永住品質だといえるのではないでしょうか。そこから生まれる機能性の高い住宅はもちろん、デザイン性の高い住宅こそ、本当の意味で価値のある家といえます。そんな家づくりにもこだわりを持っているからこそ、東新住建は満足度が高いのだそうです。注文住宅や分譲住宅、そのほかマンションやアパートで相談がある方は、東新住建に相談してみてはいかがでしょうか。詳しくはホームページなどで、事例を確認してみることをおすすめします。